リラクゼーションサロンの単価をアップする方法

リラクゼーションサロンの単価をアップする方法

どちらかというと治療院よりもサロン系の方に質問です
滅多に売れないメニューってありませんか?

サロン系の方ってどうもメニューが多くなりがち

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このメニューは月にどれぐらい売れます?
これは2、3ヶ月に一人ぐらいです

これは?
んー、これは半年前ぐらいに一人だけかな・・・

じゃあこれは?
これはまだ一人もいません

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

リラクゼーションサロンのコンサルをしていると
ちょくちょくこんな場面に遭遇します

多くの場合、メニューの見直しをすることで
そのリラクゼーションサロンの客単価は上がっていきます

 

なにをどう見直しするのかは、個々の状況で変化し
絶対的な基準はないのでむずかしいですが、ある程度の目安はあります

例えば、そのメニューがあることによって
全体の客単価が上がるものはなくしてはダメです

ちょっと前に記事にした松竹梅理論がこれです

 

よるあるダメな例はこんな感じ

竹竹竹竹竹竹
梅梅梅梅梅梅

こうなるとおそらく殆ど売れないメニューが存在するので
まずそれはメニューからなくす

竹竹竹竹
梅梅

そしてその上で竹をアレンジして松に昇格させる
(もしくは竹と梅を合体させて昇格させてもOK)


竹竹竹
梅梅

 

サロンのメニューを増やすことには抵抗を感じないのに
減らすことには抵抗を感じる人が多いです

いや、せっかくこれもできるのに・・・って

でもね、売れてないってことは
需要がないか、売り方が悪いかのどちらかなんです

だったらほっといても売れるわけない

 

しかも、売れないだけならまだしも
サロン全体の売り上げを下げる原因にすらなるんです

ここに関してはいろんなケースがあって
書き出すと長くなるので割愛します

とにかくサロン経営にマイナスになりうるってことです

 

じゃあどうするのか?

・きっぱりそのコースは捨てるか
・アレンジして高単価メニューにする
・常連さんだけの裏メニューにする

このうちのどれかになります
僕のおすすめは、裏メニューです

 

体の悩みを知っている
コミュニケーションもとれている

そんな状態で、常連さん限定のメニュー
をすすめられたら受けてくれる確立は上がります

もちろんなぜそのメニューなのか説明してくださいね
理由がないものはなかなか買ってくれませんから

 

いったんそこで試してみて需要がありそうなら
高単価メニュー化を考えることもできます

新しいメニューばっかり増えて
全然売れないメニューがたくさんある

そんなリラクゼーションサロンの方は是非考えてみてくださいね

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA