カイロプラクティック院のリピートをアップさせた方法

加藤会という僕が主宰する会員制の治療家コミュニティがあります。その加藤会生で、カイロプラクティック院をされている先生から「予約を3~4回分まとめて取るようにしたらめっちゃいい感じになった」という報告を受けました。その先生曰く、患者さんからは

  • 他の予定が立てやすい。
  • 自分を大切にされているように感じる。

と喜んでもらえているそうです。そして肝心の自院にとっては

  • 施術計画や運営計画が立てやすい。
  • 希望の時間が埋まっていることでの予約の先延ばしを防げる。
  • 先々の予約が決まっている事で繁盛している感を演出できる。
  • 先に予約を取ることでほかの用事より優先度が増す。
  • 予約キャンセルになってもその次の予約が残っているので離脱を防げる。

と、良いことづくめだそうです。(もちろんこの先生自身の感想です)

 

謎のルール

さて、この予約をまとめて取る行為、どの治療院でも誰がやっても同じ結果が出るとは限りません。なので、これ自体は導入しようがしまいがどっちでもいいです。いいなと思ったらあなたも挑戦してください。

個別の事案がどうのこうのではなく、大切なことは思いこみをとっぱらって、それを実践に移せるかどうかです。この加藤会の先生も、僕の「予約は次回の1回のみしかダメって決まりはない。複数回まとめて取ったって別に構わない」という言葉に、「そう言われたらそうやな」と反応したのがきっかけです。

なぜかそれまでは、カイロプラクティック院の予約は、次回の1回のみという謎のルールが、この先生の中にあったんですね。でもそれをとっぱらった。そして実践した。そこが素晴らしいことだと僕は思っています。

 

勝手な思い込みがあなたの成果を猛烈にジャマする

この謎のルールというか、勝手な思いこみは、普段治療家の先生と接していていつももったいないなと感じます。なまじっか自分は勉強している!と思いこんでいる先生ほどこのもったいな罠に陥りやすい。

たとえば、PPC広告を出そうという話になったとします。PPC広告とはお金を払って、ヤフーやグーグルの検索結果の上位に表示させる広告のことです。このPPC広告に出稿するには、審査に通る必要があります。

これを書いている2017年3月現在において、グーグルよりヤフーのほうがその審査が厳しいと言われています。ただ、厳しいのは確かなんですが、審査に通るか通らないかは実際にやってみないとわかりません。だから自分で先に判断するのはもったいないんですね。

僕のクライアントでも、表現に問題なさそうなホームページが審査に落ちて、どう考えても表現に問題がありそうなホームページが審査に通りずっと掲載し続けている。なんて例があります。つまり世間一般で言われていることと、現実に起こっていることには乖離がある。

その現実を知らずに、なにもチャレンジしないでいると、得られる成果をみすみす放棄していることになるんですね。

これってどんなことにでも通じることだと僕は思っています。だから中途半端な知識や、世間の常識らしきものだけで判断するはもったいないんですね。リスクや手間などの面も考慮すべきですが、とりあえずやりゃいいんですよ、とりあえず。

 

980円のオファーで来た患者に98,000円の回数券を売る

と、エラそうに書いておりますが、塾と加藤会を運営していますと、僕自身が「そう言われたらそうやな」といったことによく気づかされます。

以前、加藤会の勉強会で、会員の先生が講師をしてくださいました。その先生の講義内容は、980円のオファー付きチラシで来た患者さんの、ほぼ全員に5000円近い施術を受けてもらうというもの。しかもそのうちの6割~7割が、98,000円の回数券を買って帰るそうな。

すごいですよね。でもこれだって、僕の単なる思いこみがありました。980円で施術しますよ!というオファ―を出したからには、980円で施術せにゃダメだという謎のルールというか思いこみがあった。考えてみれば、エステなんかもう何十年も前からこの手法ですよね。

そんな一部の業界では当たり前のことなのに、僕自身がなにか変な思い込みのせいで、このやり方があるという考えに辿り着くことができなかったのです。これまでクライアントには、その思いこみを前提にサポートしていたわけですから、申し訳ないことをしていました。

 

自分は間違ってない!わけない

おそらく誰にでも、勝手に思いこんでいる謎のルールってのがあります。仕事がある程度うまくいき、クライアントやスタッフからも認められてくると「俺の言うことは正しい!」という感覚が生まれてくるようです。これは、治療家だって僕だって同じ。

そうなると、なぜか自分の専門分野以外のことでもなんでも「自分は間違ってない」と思い込むようになります。そうなるとせっかく能力もあって、まだまだ伸びしろがあるのに、自らその伸びしろを潰してしまいかねません。

自分の中にも「謎のルール」があるという前提でいろいろなことを吸収できる姿勢を持ってくださいね。僕も自分が主宰する塾や加藤会で、教えるはずが教えられてばっかりです(^^;)

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー
以下にメールアドレスとお名前(姓のみ)を記入してください ↓



お名前 (姓のみ) *

 

メールアドレス *

 


登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA