ウチの業界は特殊だからと言いだしたらヤバイ

セミナーとか交流会に参加してよく思うのが「ウチの業界は特殊だから」というセリフを吐く人が多いということ。もちろん治療院業界にもこの手の発言をする人が多い。

この発言、僕はすこぶる嫌いです。とはいえそう思うのは当たり前で、どの業界にだってその業界特有の慣習や変な決まりがある。だから思うのは仕方がない。大事なのはその先なんですね。

ということで、この記事では、業界のせいにするのではなく、そこから抜け出していくために必要な考え方についてお伝えします。

葬式はやってみないと値段がわからない

「ウチの業界は特殊だから」という半ば思いこみのような決まりに唯々諾々と従うか、それともそこにこそチャンスが眠っていると考えるか、この両者の違いって大きい。たとえば葬儀屋がいい例です。

かつて葬式は料金が不明確な業者が多かった。本当に頼んでみないとわからないといった状態だったそうです。で、わからなままやってみたら最終的にどんどん追加料金でめっちゃ高くなった。

でもそれが葬儀屋業界では当たり前のやり方だったんですね。だから疑問も持たずにそのまま続けてきた。

でも逆にそこをビジネスチャンスと捉えたイオンなどが、料金を明確にして参入し、どんどんシェアを奪っているのが今の業界の流れ。

このイオンなどがやったことって、他の業界では当たり前のことです。料金を明確にして消費者に事前に安心してもううことなんざ特に珍しいことではありません。

 

治療院業界でもフロントエンド商品が増えてきた

治療院業界でもかつてほとんど存在しなかったけど、今はいたるところで見かけるようになった手法がありあす。それは、初回施術を通常価格より割引いて受けてもらう手法です。マーケティング的にはフロントエンドと言います。

これは、初回は利益が出なくてもいいからとにかく集めて、2回目以降に利益を出していくという手法です。他業種では当たり前のようにやっていること。たとえばエステなんかだとかなり前からこのやり方で大きな利益を上げています。

しかし、少し前まで治療院ではほとんどやっていませんでした。もちろん保険診療はそんなことできません。こういった法的な縛りがある場合はやっちゃダメだからしょうがない。

でも整体院などでもやってなかったんですね。

「治療院は特赦な業界だから、そんなことしても患者さんに胡散臭いと思われるだけだ!」という考えが固定観念としてあったからかもしれません。

それが今じゃこの手法を取り入れている治療院は多い。そしてそういう治療院に患者を奪われて苦しんでいる院も多いはずです。

この手法にさまざまな意見があるでしょう。なにも唯一の手法とは僕も思っていません。でも経営的な手法としては有効なひとつであることは確かです。だってそれで大きく利益を伸ばしている治療院が存在するわけですから。

 

思い込みの中にチャンスは眠っている

今回の記事で事例として初回割引について触れました。これはなにも「あなたも初回割引をしろ!」という意味ではないので、そこはご理解ください。有効なひとつの手だという意味です。

「思い込みの中にチャンスが眠っていた」という事例はよくあることです。あなたも変な思い込みにとらわれていませんか?治療院業界はこういうものだ!ってヤツに。

確かにそういった思いこみは、知らないうちに染みついてしまっているので、それを変えるのは大変です。でも、そこを疑ってチャレンジしていく勇気も持ってくださいね。

僕自身、脳ミソが腐ってきてんじゃないかと、最近思うんですね。だって全然頭が回らない。新しい発想も湧いてこない。さすがにこれはヤバいので、いろいろな刺激に触れて頭を腐らせないように必死です。

ちなみに自分に刺激を与えるのは環境を変えるのが一番手っ取り早いと僕は考えています。環境を変えて大きく飛躍したい先生は、僕の集客塾がおすすめ。最後にちゃっかり宣伝です(^^;)

では、今回の記事は以上です。治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー 登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA