あなたの治療院が集客できない理由

あなたの治療院が選ばれないのは、あなたの治療院がなにをするところなのか?がわかってもらえていない可能性があるからです。あるからですというか、かなりその可能性はかなり大きい。

あなたが思っているほど、あなたの仕事内容を世間様は知ってはいないっちゅうことです。

例えばあなたがキャバクラに行ったとしてください。なんでいきなりキャバクラなんだ?という愚問は禁止します。気にせず読み進めてくださいな。

 

キャバクラでの会話

キャバ嬢:お仕事はなにをされているんですかぁ?
あなた:整骨院経営してる

キャバ嬢:整骨院?ボキボキってするやつ?
あなた:いや、ボキボキはしないけど

キャバ嬢:あー、マッサージしてくれるやつね
あなた:んー、ちょっと違うけど、まぁそんな感じ

キャバ嬢:そういえば前に行った整骨院で保険の効くマッサージしてもらって、帰りに枕買わされた。
あなた:いや、マッサージに保険は、んー、なんていうか、その、、、

キャバ嬢:2万円で会員とかにもなっちゃったけど、やめたくても1年は解約できなくて
あなた:なんでまた会員になったの?

キャバ嬢:血液検査してドロドロです!とか言われて
あなた:整骨院で血液検査!?

キャバ嬢:うん。なんか血の流れがわかる機械があって、それでドロドロだった
あなた:お、おぅ

キャバ嬢:で、ほっとくと酷くなって子供産めなくなるとか言われて
あなた:子供が生めなくなる!?

キャバ嬢:なんか私、怖くなってぇ。それで会員になった。でも1回しか行ってない
あなた:ありゃ、、、

キャバ嬢:そういのをやってるんでしょ?
あなた:いや、違う

と、まぁ、キャバクラでは夜な夜なこういう不毛な会話が繰り返されているわけです。
いや、ゴメンなさい。真面目に書きます。

 

さまざまな需要やニーズが存在するが・・・

別にキャバクラでなくてもいいんです。今までにこれに近い会話ってしたことありませんか?僕は治療院コンサルタントの仕事を説明するときに、これに近い会話はけっこうあります。

世間一般の人にとって、治療院?なにするところ?整骨院?整体院?どう違うの?肩がこったらマッサージしてくれるところですよね?ぐらいの認識の人が多いということ。

でもその反面、整体や鍼治療に神秘的な魅力を感じている人もいます。そういった魅力をもともと持っていなかった人でも、病院などで解決できずに、流れ流れて民間療法などにたどり着く人もいます。

また、最近では、痛みや病気などの分野ではない、美容などの分野でも鍼や整体は認知されつつあるので、そういった需要も伸びてきています。

つまりですね、世間の人はあまりわかっていない。でも反面、その奥にはさまざまなニーズや要望を持っています。そしてそれを解決する治療やサービスだって存在する。にもかかわらず、肝心の提供する側が、自分がなにを提供しているのかを説明していない。

だから自院に合った患者さんが来てくれないんですね。

 

キャバ譲との会話は実話

実は冒頭のキャバ譲との会話、かなりの部分実話です(^^;)

僕自身は整骨院は経営していませんので、そこは話を変えていますが、内容的にはほぼ同じ。この話し相手の子は、整骨院にあまりいい印象を持っていませんでした。そりゃそうですよね、脅されて年会員にまでされているんですから。

まぁ、それは別の問題だとして、とにかく世間の人はあまりわかっていない。だからこっちから説明しないとダメなんですね。そうしないといつまでたっても伝わらない。

よくいるんですよね、自分から伝えようとしないくせに、わかってもらえないと嘆く人が。そりゃ自分で言わないんだからわかってもらえるはずないですわな。どんだけ有名人気取りやねんっちゅう話です。

だからまずは世間の人は、治療院のことなんか1ミリもわかっちゃいない。ということを前提にして、自ら自院のことをしっかり伝える努力をしてくだい。

そうしないと、会話の中に出てきたようなわけのわからない整骨院に、バンバン患者さんを取られた挙句、しまいには「どうせあなたの治療院も同じでしょ?」みたいカテゴライズされちゃいます。

そんな治療院をのさばらせないためにも、あなたに合った患者さんを集めるためにも、うちはこんな治療院だんだ!としっかり説明してくださいね。

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー 登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

6 件のコメント

  • 浅井 より:

    キャバ譲との会話(笑)この整骨院だろう整骨院が私の近所にあります。このキャバ譲と同じような被害に遭った患者が多数流れてみえます。そういう人は最初に警戒して回数券はないのかと最初に質問してきますね(笑)
    加藤さんの言う通り先に自分のとこはそういう治療院ではないと宣言しておくことの大事さがわかります。

    • 治療院専門集客経営コンサルティング・セラピストサポート より:

      浅井先生
      コメントありがとうございます。
      そうですよね。実際のところみんなわかってくれてないですよね。。。
      ちゃんと伝えておかないと、「同じでしょ?」とひとくくりにされてしまうので、伝える努力はちゃんとしていきたいですね(*’▽’)

  • 匿名 より:

    キャバクラに通っているコンサルタントが書くことを信用するほど治療師はバカではありませんよ?

    • 治療院専門集客経営コンサルティング・セラピストサポート より:

      あら、残念(^-^)

  • 匿名 より:

    おまえらはどっちなんだ?会員制にしろといったり、会員制を批判したり、どっちなんだ?俺の友達もコンサルタントに引っかかって、マインドセットが大事だぞとかなんとかいいだしてどんどんヤバい方向に行ってるわ。おまえらが呪文のように吐くマインドセットは俺らをだますマインドコンロトールのことなんだな

    • 治療院専門集客経営コンサルティング・セラピストサポート より:

      匿名さん
      イエスっ!(^-^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA